社会福祉法人共生福祉会 福島美術館

福島美術館のトップページ
福島美術館通信
展覧会のお知らせ
主な収蔵品
伊達な作品写真館
福島美術館の歴史
館内ガイド&交通ガイド
リンク&スペシャルサンクス
ゲストブック
Q&A
ミュージアムグッズ
広瀬川とミュージアム散策マップ
学芸員日記(ブログ)
お問い合わせ
プライバシーポリシー
サイトマップ

平成28年度 福島美術館春季展
仙台宝庫〜来て!見て!遺そう!たからもの〜

会期:平成28年4月13日(水)〜5月29日(日)

開館時間9:00〜16:30
休館日毎週月曜日、5月6日
入館料一般400円、学生・70歳以上300円
(高校生以下・障がい者の方は無料)
割引券はこちら

福島美術館は仙台の実業家・福島禎蔵(1890〜1979)が遺した福島家伝来のコレクションが基本となっています。それらは近世から昭和初期にかけての書や絵画・工芸品・古書など約3000点です。これらの愛蔵品は祖父・運蔵(1820〜1896)、父・與惣五郎(1864〜1938)、禎蔵の三人の当主による政財界人や地元の画家・書家との交流を通じて福島家に収まった美術工芸品です。

今福島禎蔵が未来へ遺し繋ごうとしたのは郷土の「たからもの」です。その後、福島美術館は活動に賛同された方々からの寄贈や寄託を受けて、更に内容を充実させて今日に至っています。

今年は東日本大震災から5年目を迎えます。あの震災で多くの方が実感したのは「郷土の文化が人の心を支える」という事ではないでしょうか。文化は守り伝えなければ、未来に繋げることができません。

長い歴史の中で度重なる天災・戦災と様々な災禍がありました。これらをくぐり抜けてきた福島家のコレクションを中心に、宮城県に縁のある画家・書家の作品をお楽しみください。

また、今年5月に公開される映画「殿、利息でござる!」に因み、仙台藩七代藩主・伊達重村関連作品を紹介する展示コーナーもご用意いたします。

福島美術館の収蔵品を100年先、200年先も遺せますように。

主な出品作品

菊田伊洲「松上鶴図」

※5月8日より一部展示替え・場面替え
※(4)の粉本は毎週場面替え
※〈 〉内は出身地

  • (1)小池曲江「橘下虎仙図」〈塩竃〉
  • (2)東 東洋「夏景山水図」〈登米〉
  • (3)菊田伊洲「松上鶴図」〈仙台〉
  • (4)菊田伊洲「粉本巻物」〈仙台〉
  • (5)菅井梅関「南楼風月」〈仙台
  • (6)蠣﨑縉斎「蜀桟道図」〈陸前高田〉
  • (7)遠藤曰人「杉苗や 句自画賛」〈石巻〉
  • (8)松窓乙二「句 山の端の」〈白石〉
  • (9)遠藤速雄「松齢鶴寿図」〈栗原〉
  • (10)熊耳耕年「南稲荷町耕年宅関東震災実境図」〈仙台〉個人蔵
  • (11)熊耳耕年「松に山鵲図」〈仙台〉
  • (12)石川桂堂「雉鳩に桜図」〈会津若松〉個人蔵
  • (13)高橋天華「臨書 石門頌集字」〈岩沼〉
  • (14)金海茶碗 銘 垂桜
  • (15)青磁蓮弁文茶碗(中国・竜泉窯)

仙台藩七代藩主・伊達重村関連コーナー

  • (16)伊達重村「和歌手鑑短冊帖」
  • (17)観心院 惇君「和歌懐紙」(正室)
  • (18)田村村隆「書 酔月」(伯父、後見人)
  • (19)芦 東山「五言絶句」(仙台藩儒員)
  • (20)佐久間栄学「白鷹図」(遺愛の鷹)
  • (21)忠岡三千子「草紙洗小町・小督図」(正室の侍女・閨秀画家)

など、書・絵画・工芸品 40点をご紹介します。

東 東洋「夏景山水図」 東 東洋「夏景山水図」 忠岡三千子「草紙洗小町・小督図」 忠岡三千子「草紙洗小町・小督図」
東 東洋「夏景山水図」 忠岡三千子「草紙洗小町・小督図」
熊耳耕年「南稲荷町耕年宅関東震災実境図」 高橋天華「臨書 石門頌集字」 芦 東山「五言絶句」 佐久間栄学「白鷹図」

熊耳耕年

「南稲荷町耕年宅関東震災実境図」
高橋天華
「臨書 石門頌集字」
芦 東山
「五言絶句」
佐久間栄学
「白鷹図」

関連イベント

■ギャラリートークはスイーツの日
4月16日(土)14:00〜15:30
申込制、要入館券、参加費 300円
展示解説の後は、美味しいスイーツでおしゃべりしましょう。
■ギャラリートーク
5月8日(日)10:30〜11:30
要入館券、申込不要
学芸員が展覧会を分りやすくご案内します。
■心と脳のコミュケーション オイルパステルで描く≪初夏色コレクション≫
講師 さとう芳子氏(臨床美術士)
5月21日(土)13:00〜15:00
申込制、参加費 500円
偶然生み出される面や線の形、色彩を愉しみながら、自分だけの作品に仕上げます。
定員 15名(小学生以上)
持ち物 作品持ち帰り用の紙袋。汚れてもよい服装で。
応募締切 5月17日(火)(4月1日より電話受付開始)

常設展示「福島家の玉手箱」

大名時計(江戸時代後期)、洋時計(大正時代)、真空管ラヂオ(昭和10年代)や、震災でも神棚から落ちなかった高村光雲刻「聖観音像」など、福島家の歴史とコレクションを常設展示しています。

【次回予告】
秋季展「旅する絵画〜画家は旅の達人〜」
会期:9月14日(水)〜11月23日(水・祝)

このページの初めに戻る

工芸品 近世の作家 近世江戸・京阪の作者たち 近世郷土の作者たち 伊達家関連資料 主な収蔵品