社会福祉法人共生福祉会 福島美術館

福島美術館のトップページ
福島美術館通信
展覧会のお知らせ
主な収蔵品
伊達な作品写真館
福島美術館の歴史
館内ガイド&交通ガイド
リンク&スペシャルサンクス
ゲストブック
Q&A
ミュージアムグッズ
広瀬川とミュージアム散策マップ
学芸員日記(ブログ)
お問い合わせ
プライバシーポリシー
サイトマップ

平成29年福島美術館新春吉例
めでた掛け〜祝いのISYOU〜

平成29年1月5日(木)〜3月3日(金)
※2月4日(土)より一部展示替えあり

開館時間9:00〜16:30
休館日毎週月曜日(但し1月9日は開館)、1月10日(火)、2月5日(日)
入館料一般400円、学生・70歳以上300円 高校生以下・障がい者の方は無料
※会期中、和服で来館されたお客様は入館料100円引き!(割引併用不可)
割引券はこちら

昭和55年の開館以降、新春吉例となった「めでた掛け」展は、初代学芸員であった佐藤明氏(美学者/1905〜86)による造語で、「めでたい掛け物(掛け軸)」という意味です。

私たちは生活のさまざまな場面で、縁起をかつぎ福を招くことを祈ります。正月をはじめとした年中行事では、一年の豊作や生活の安寧を願いました。また、結婚や出産、長寿などの人生の区切りとなる慶事では、穢れを払い幸せを願う風習があります。そうした祝いの場では、「鶴亀」や「松竹梅」といった吉事を招く図案にあやかり、祝いの席を彩る調度品や晴れ着に文様がほどこされました。

本展覧会では、暦や人生の節目を祝う「五節句」や「慶事」をとりあげた画題のほか、祝い事にかかせない代表的な吉祥文様について、図案やデザインから見た“祝いのISYOU(衣装・意匠)”をご紹介します。また、会期中は暦の節目に合わせて床の間の作品を展示替えいたします。季節の変わり目を彩る作品をお楽しみください。

福島美術館の「めでた掛け」で新春のお祝いと、一年の幸せを願いませんか?

主な出品作品

会期中一部展示替え有

※は郷土ゆかりの作品

床の間展示

  • (1)佐久間六所「恵比須・大黒天」※(期間:1月5日〜15日)
  • (2)山本梅逸・池大雅・高久靄厓「墨梅合粧図」(期間:1月17日〜2月3日)
  • (3)在原古玩「桃花紙雛」(期間:2月4日〜3月3日)
  • (4)土佐光孚「子の日遊び図」
  • (5)田中針水「七夕」
  • (6)遠藤速雄「仙台年中行事図」※
  • (7)熊耳耕年「不老長春」※
  • (8)佐久間鉄園「高砂図」※
  • (9)忠岡三千子「若衆・花魁図」※
  • (10)遠藤曰人「俳画あそびよい」※
  • (11)狩野栄信「福禄寿鶴亀」
  • (12)梅花天目茶碗
  • (13)菊模様南京皿

など、掛け軸・工芸品を約45点展示

2
(2)山本梅逸・池大雅・
高久靄厓
「墨梅合粧図」
(7)熊耳耕年「不老長春」
3 4 4
(3)在原古玩
「桃花紙雛」
(4)土佐光孚
「子の日遊び図」
(8)佐久間鉄園「高砂図」 (9)忠岡三千子「若衆・花魁図」 (9)忠岡三千子「若衆・花魁図」
(7)熊耳耕年
「不老長春」
(8)佐久間鉄園
「高砂図」
(9)忠岡三千子
「若衆・花魁図」

関連イベント

■毎年恒例「めでたくじ」
1月5日(木)〜7日(土) 有料入館者対象
美術館オリジナルグッズや招待券が必ず当たります!
■ギャラリートークはスイーツの日
1月15日(日) 14:00〜15:30
要入館券、お茶代300円、事前申込制
ギャラリートークの後には、真空管ラジオを聴きながらティータイム
■祝いの奏(かなで)〜東北大学邦楽部演奏会〜
2月4日(土) 14:00〜15:00
要入館券、申込不要 会場:4階大会議室
■和みワークショップ「紋きり遊び〜祝うカタチ〜」
2月18日(土) 10:00〜14:00(随時受付)
参加費300円、申込不要 会場:4階大会議室
材料・道具はご用意しています。直接会場までお越しください。
■ギャラリートーク
2月24日(金)・3月3日(金) 14:00〜15:00
要入館券・申込不要
■みて!みて!わたしの雛まつり
2月11日(土)〜3月3日(金)
無料・申込不要 会場:1階情報コーナー

常設展示「福島家の玉手箱」

大名時計(江戸時代)、洋時計(大正時代)、真空管ラヂオ(昭和10年代)や、震災でも棚から落ちなかった高村光雲刻「聖観音像」はじめ、新春を祝う、中林梧竹「朱画達磨」を展示致します。

【次回予告】
平成29年度春季展「ザ・動物〜博物学vs遊び〜」(仮称)
平成29年4月12日(水)〜5月31日(水)

このページの初めに戻る

工芸品 近世の作家 近世江戸・京阪の作者たち 近世郷土の作者たち 伊達家関連資料 主な収蔵品