社会福祉法人共生福祉会 福島美術館

福島美術館のトップページ
福島美術館通信
展覧会のお知らせ
主な収蔵品
伊達な作品写真館
福島美術館の歴史
館内ガイド&交通ガイド
リンク&スペシャルサンクス
ゲストブック
Q&A
ミュージアムグッズ
広瀬川とミュージアム散策マップ
学芸員日記(ブログ)
お問い合わせ
プライバシーポリシー
サイトマップ

ゲストブック

展示室内の「つぶやきのーと」からご紹介します。只今3冊目です!

「みて!みて!わたしの雛まつり」(平成29年2月11日〜3月3日)に寄せて

  • 初めて福島美術館にみに来ました。この時期おひなさまをみるとほっこりしますね。いろいろ楽しく拝見しました。ありがとうございました。(H29.2.14)
  • 自分用のおひな様もいいけど(古い古い)、かわいらしい手作り最高ですね。(H29.3.2)
  • おもいきって中山より来ました。ほっとして、あたたかい気持ちになってかんしゃして帰りましょう(H29.3.2)

平成28年度 新春吉例「めでた掛け〜祝いのISYOU〜」
(平成29年1月5日〜3月3日)に寄せて

  • めでた掛け展は毎年の様にお目にかかりに伺います。真正面からむかうものもありますが、”クスッ”とほほえむのもたくさんあり、今年の幸せを祈りつつ帰ります。ありがとうございました。(H28.1.21)
    毎年のご来館ありがとうございます。見て頂いた方に幸せが訪れますように!またのお越しをお待ちしております。
  • 八戸から来ました。夕刊をみて参りました。新春にふさわしいめでたい掛けじく。とても良い気分になりまして、今年はいっぱい良いことに巡り合える年になります。ありがとうございました。(H29.1.21)
    八戸からありがとうございます。お楽しみ頂けて嬉しいです。今年いっぱい、素晴らしい年になりますように!
  • 初来館。コラムや解説のおかげで楽しく拝見することができました。(H29.1.31)
  • たいへんおくればせながら、あけましておめでとうございます。今年も、よきたからもの、期待しております。前回(秋)は残念ながら来られませんでした。(広重、見たかったです)東東洋の鍾馗さんは何回観てもよいですね。今年は『蝶』をとても興味深く見させていただきました。(H29.2.7)
    あけましておめでとうございます!いつもお楽しみ頂き嬉しいかぎりです。かわいらしい蝶の絵もありがとうございました。
  • 午後の静かなひととき、福島美術館にはじめて寄せていただきました。時間をかけてゆっくりじっくり鑑賞したいです。ありがとうございました。(H29.2.26)
    ご来館ありがとうございます。またのご来館の際には、是非ゆっくりじっくりお楽しみください!

平成28年度 秋季展「旅する絵画〜画家は旅の達人!〜」
(平成28年9月14日〜11月23日)に寄せて

  • 趣味で水彩スケッチを楽しんでおり、「旅する絵画」は旅情画心をくすぐられるテーマでした。万国津々浦々の風景を題材にした書画作品はいずれも秀逸で楽しめました。季節も良く、また水彩スケッチの旅に出たくなりました。素敵な企画をありがとうございました。(H28.9.27)
    ありがとうございました。又、どうぞお出かけ下さい。
  • 休日に絵画を見ることが好きで、この美術館にも何度か足を運んでおります。公立の美術館にはない視点があり、帰りにまた来ようと思いをはせております。今回は地元に密着した雑誌でよく見かける古山拓さんという画家の企画もあり、楽しみで来ました。出来れば、毎回特別展とは別の企画をタイアップして頂けると嬉しいです。(H28.11.20)

平成28年度 春季展「仙台宝庫〜来て!見て!遺そう!たからもの〜」
(平成28年4月13日〜5月29日)に寄せて

  • 新聞に掲載された仙台宝庫の記事を読み、関心を持ち、来ました。今回は「殿、利息でござる!」と連動した企画という事で楽しみです。地元の映画やドラマとタイアップした企画は今後もあると嬉しいです。未来に遺すものを創るというのは簡単そうで難しいですよね?未来に遺す生き方とはどんな人生なのか、どう送れば良いのかと考えてしまいます。(H28.5.7)
    ありがとうございます。未来に遺すとは、きっとまず、知ることなのではないかしらと思います。 いかがでしょうか。
  • 仙台でひとりぐらしをはじめ10年...、ずっと来たいと思っていたので、来られてうれしいです!見事な絵、落ち着いた空気、今後はちょくちょく足を運ぼうと思いました。今まで来なかったのがもったいないくらいです…。地元をよく知ることができる場所が、また一つ増えた事を嬉しく思います。(H28.5.28)
  • 2月にお邪魔して以来の2度目です。仙台宝庫、見ごたえがありました。こぢんまりとしてかわいらしい美術館なので、大好きです。次回の企画展も楽しみにしております!。(H28.5.28)

平成27年度 新春吉例「めでた掛け〜福の依り代〜」
(平成28年1月6日〜2月28日)に寄せて

  • めでた掛け、森狙仙のおさるさんを目当てに来たものの、東東洋の「鍾馗図」の前でうーむと。こんなになさけない鍾馗を見るのははじめてです。さすが。降る雪までもあたたかく描く画家ですね。西日本は今雪におおわれているとのこと。めでたいことに囲まれたあたたかい春になりますように。(H28.1.24)
    あったかい気分で新春が迎えられるよう祈っております。ありがとうございました。
  • はじめてお邪魔しました。紋切がかわいらしかたです。「めでた掛け」も初春らしいすてきな企画でたんのうしました。また伺いたいです。(H28.2.14)
    はじめてのご来館とのこと。ありがとうございます。ちいさな美術館ですが、又、どうぞお出かけください。
  • 人々の福を願う心があらわれた作品をみていると、ふっと心がおだやかになるのを感じました。ありがとうございました。(H28.2.24)
    ありがとうございます。みなさまに福が届きますように。
  • 前々から来たかったので、とてもよかったです。日本画の色合いのやさしい絵がとても好きです。落ちつきますよね。それでいて、細部まで細かくかかれていておもしろいです。また来たいです。お香のかおりもおちつきました。ありがとうございました。(H28.2.25)
    ご来館ありがとうございます。次回も又、どうぞお越し下さい。

平成27年度 秋の展覧会「福島美術館由来考〜仙台の起業家・福島禎蔵が遺したモノ〜」
(平成27年9月16日〜11月23日)に寄せて

  • H22以来の来館となりました。震災もあり、実家のある秋田へバタバタと帰ってから、折に触れてこちらを思い出し、大丈夫かなと、思っておりました。御苦労さまでした。また、機会があればお邪魔いたします。ありがとうございました。(H27.9.18 喜多子ラブな人(今思うとはずかしい名前…))
    来館ありがとうございます。お久しぶりでございます。こうして再びご来館いただけること、とてもうれしく思います。又、どうぞいらして下さい。
  • 初めて来館しました。伊達家にまつわる貴重なものを見ることができて感動しました。私は生まれも育ちも仙台ですが、このような美術館があることに驚きです。また来たいと思います。ありがとうございました。(H27.9.29)
  • 東洋の優しい線は、「ほっ」とします。10年以上居ましたのに、まだ、知らなかった絵が有るんですね。静かな中、いつまでもいたいと思いました。又、機会がありましたらね。皆さまの努力が、頭が下がります。いい物は残ります。(H27.10.16 E)
    あたたかい励ましの言葉、ありがとございます。これからも努めて参ります。
  • 弁財天の絵の神々しさを感じました。私は仙南から観に来たのですが、岩沼市に有名な書家がいると拝見し、驚きました。伊達家と弁財天の関わりについて知りたいと思いました。(H27.11.21)
  • 久し振りに参上しました。思いがけない名画を拝見できました。ありがとうございます。冬が一日一日と近づいて新春めでた掛け展が期待しています。(H27.11.23 旭ヶ丘J.S)

「つぶやきのーと」より(平成27年6月1日〜9月15日)

  • しゅう学旅行できて、みんな楽しんでいました。古いラジオや時計などがあってすごいなあと思いました。とても楽しかったです。(H27.6.5)
    楽しんで頂けて良かったです。残りの旅行も楽しんで、お気をつけていってらっしゃいませ。
  • ラジオがとても大きい!びっくりしました。すごい古そうでした。(H27.7.26 中学生)
    またいらして下さいね。ありがとうございました。
  • あたご橋から迷いながら来ました。こう外で静かでいいところですね。伊達家の軸など、わかりやすいですね。月の絵がすてきで江戸にタイムスリップした気分でみてました。(H27.7.20 女性)
    ご感想ありがとうございます。じっくり楽しんで頂けてなによりです。

平成27年度 春の展覧会「鳥づくし−鳥から たどる 絵画の見方−」(H27.4.8〜5.31)に寄せて

  • 穏やかな空間と時間の中で、素敵な作品の数々に触れ、心が洗われました。作品の解説や、一緒に添えられた切り紙も素晴らしく、作品や鳥への深い愛情が感じられました。また来たいです。(H27.4.25 埼玉県 女性)
  • お父さんお母さんとお姉ちゃんとできました。小6です。リアルな作品もあれば、サラッと書いたようなものもあったのがおもしろかったです。切り絵は、やった事がありますが、あんなに細かくはできませんでした。あんな風にできるようになりたい!!気に入ったのは、タカが白鳥を取っている作品です。はく力があって、かっこよかったです。「かわいいな」と思ったのはしらさぎの絵です。つぶらなひとみがたまりません。とても楽しかったです。また来たいです。(H27.5.2 岩手県花巻市 女性)
    ありがとうございました。小さな美術館を楽しまれた事、とてもうれしいです。丁寧な感想にも感動です!またいらして下さい。
  • 「鳥づくし」のために初めて来館しました。常設展も含めてとても良い展示で、もっと早く来ていれば…と思わずにはいられません。キャプションが見るべきポイントを的確に示しており、キャプションを読む前と後で印象が変わる作品もありました。特に児玉希望の「東風」は、第一印象はそれほど好きな作品ではなかったのですが、キャプションの後に見返しと絵の中に引きこまれるような感覚になりました。全てを見終えた今では、今回の展示の中で最も好きな作品です。また次の企画展の際にも来館したいと思います。ありがとうございました。(H27 5.21 女性)
    ご来館ありがとうございます。お気に入りの作品が見つかって何よりです。今回のキャプションは、あくまでも絵画の見方の一つの提案ですので、今後ご自身の見方を探っていくと、より楽しみが増えると思います。また是非いらしてください。
  • 小学生の頃、福島美術館の前で夏休みのラジオ体操をしていました。前から中にも入ってみたいと思っていましたが、なかなか来れず、40年ぶりでしょうか?心がおちつくような展示 ゆっくりできました。ありがとうございます。またおじゃまします。(H25.5.22 男性)
    ご来館ありがとうございます。40年ごしにご入館くださり、うれしい限りです。またのお越しをおまちしております。

平成26年度 新春吉例「めでた掛け〜35年目の迎春〜」(H27.1.7〜2.28)に寄せて

  • 喜寿を迎え、亡父・亡兄の年齢を過ぎ、どんな晩年をと案じていたが、「寿老自画賛」の「我れは天年」は、大きな励みになった。(H27.1.9 男性)
    ありがとうございます。一人一人が「天年」を大事にしたいですね。(学芸員m)
  • 今年も楽しい“めでた掛け”。中でも“三平二満”は孫そっくり!そのブヨブヨ顔を心配している娘にこう言ってあげます。「三平二満は福を呼ぶ顔だよ!バンザイ!」と…。(H27.2.20 女性)

平成26年度 秋の展覧会「熊耳耕年とその時代」(H26.10.1〜11.24)に寄せて

  • ずっと前から熊耳の画を個展で観たかったのですが、今はその望みも叶って嬉しかったです。この画家ではもっとも好きなところは、古風な日本画というカタチというか、強いユーモアと、自然な感覚を咲かせていることです。これからも熊耳の作品をもっともっと観たいです。これまで福島美術館でみた展覧会の中、特によくできたのです。(H26.11.3 リピーターの男性外国人)
    何年も前からの願いが叶い、良かったです。つぶやきノートにも何度もご記入うれしいです。
  • 仙台の歴史に残る「芭蕉の辻」は石碑だけでは?
    今回美しい姿で往年の繁栄を想像させていただきました。下絵など大変なご苦労のあとが偲ばれました。
    展示された作品の格調高い美しさに心ひかれて再訪しました。
    心地良い感動に心がみたされ、知らずに背筋が伸びていました。ありがとうございました。 (H26.10.30 泉区 女性)
    前期に引き続いてのご来館とのこと、ありがとうございます。
  • 震災被り、石巻から仙台に避難しております。市博物館、県美術館を訪ね数々の作品に触れ癒やされております。偶然、福島美術館の存在を知り、特に浮世絵に興味がありました。このような貴重な文化財を鑑賞し仙台に深い関心を抱き、次回も是非鑑賞の機会があればと願っています。今は貴重な文化財にふれられたことが喜びです。ありがとうございました。(H26.10.29 仙台市国見)

今年度は、来館された皆さまに広報調査のアンケートをご協力お願いしています。
アンケートには「ひと言メッセージ」も添えられています。

「ひと言メッセージ」より(平成26年2月分)

  • 1日
    ・ ご苦労も多いと思いますが、頑張ってください。応援しています。(太白区 50代 男性)
    ※すっごくあります。皆さんに支えられて努めてまいります。(学芸員m)
  • 5日
    ・解説が、とても楽しく書かれていて、読むのが面白いです。(青葉区 40代 女性)
    ・図録も欲しいです。(青葉区 40代 男性)
    ※ 申し訳ありません。「福島美術館通信」(1〜50号合冊本)を検討しています。お待ちください。(学芸員m)
    ・小さいが、絵が、良いですね。(富谷町 40代 男性)
    ※小さいところが「魅力」となるように努めて参ります。(学芸員m)
  • 6日
    ・ 聞香しながら見ることができ、さわやかな気持になりました。ありがとうございました。(青葉区 70歳以上)
    ・ これからのイベントを知りたいです。又、来ます。(太白区 60代 女性)
    ※春の展覧会には秋・新春の予定をお知らせできると思います。(学芸員m)
  • 8日
    ・ なかなかぜいたくな展覧会だと思いました。今年一年も大切にしてゆこうという気持ちになりました。(太白区 40代 男性)
    ※ありがとうございます。とても有り難い言葉に感謝です。(学芸員m)
    ・久しぶりのめでた掛け展でした。浮世絵が好きなので良かった。(青葉区 60代 男性)
    ・ 目に楽しい作品が多く、見応えがありました。(青葉区 30代 男性)
    ※目に楽しい作品は、きっと心の栄養にもなりますね。(学芸員m)
  • 11日
    ・ 仙台市内にこんなおもしろい美術館があるのを知らない人も多いです。情報誌などにも、もっととりあげてほしいですね!(青葉区 50代 女性)
    ※これからも、広報に努力します。(学芸員m)
    ・すばらしい作品ばかりでした。(青葉区 60代 男性)
    ・ 楽しい展示で、又、次回にも寄せてもらいます。(若林区 60代 女性)
    ※是非!(学芸員m)
  • 15日
    ・ やっと来ました。場所がわかったので時々見させていただきます。(石巻市 70歳以上 女性)
    ※ありがとうございます!是非、是非!(学芸員m)
  • 18日
    ・仙台藩ゆかりの画家・伊達家の収蔵品に興味があった。(泉区 70歳以上 男性)
    ・もっと華やかさがあると…と思いました。(泉区 70歳以上 女性)
    ・ボランティアで仙台市内の案内している。今後検討したい。(名取市 70歳以上 男性)
    ・学芸員の説明があり、有意義であった。(宮城野区 70歳以上 男性)
  • 19日
    ・一富士ニタカ三◯◯マルマルは茄子とばかりおもっていました。大変勉強になりよかったです。(福島県 50代 女性)
  • 20日
    ・ 先日徒歩で仙台駅に向かう途中ぐうぜん発見しました。車ではなかなか気づかないところですが、ラッキーな発見だと思っています。(太白区 60代 男性)
    ※ありがとうございます。これから、ラッキーが続きますように!(学芸員m)
  • 21日
    ・先日お茶の先生が「福島美術館に行きたい」と話されていて、福島県の美術館だと思っていたところ、仙台だとわかりびっくり!長い間住んでいるのに全く知りませんでした。早速来館!楽しかったです。(宮城野区 40代 女性)
    ・ 来る度に新しい発見があり文化財にふれる機会ありがとうございます。(泉区 70歳以上 男性)
    ※ ありがとうございます。これからも皆さんに新しい楽しさをご提供できるように努めてまいります。(学芸員m)
  • 23日
    ・おめでたい掛け物を見ることができ、よい一年を過せそうです。だるまの絵はユニークでかわいらしかったです。フジビールのことなど、仙台人なのに知らないことがたくさんあり、勉強になりました。(泉区 40代 女性)
    ・ 久しぶりに広瀬川を歩こうと出かけて来ました。ぐうぜん通りかかり拝見しました。心が“ほっと”しました。又来ますね。ありがとうございました。(宮城野区 70歳以上 女性)
    ※ 「ほっとできる空間」これからも目指して努めてまいります。ありがたい言葉に感謝です。(学芸員m)
    ・ 宇宙万有一体受護の由来は何ですか?(青葉区 50代 男性)
    ※当法人の設立者・福島禎蔵の言葉です。「一人ひとりが、一つひとつが、すべてのものによって活かされている」と自分は理解しています。由来はもう少し勉強します。(学芸員m)
    ・また来たいと思います。(多賀城市 40代 女性)
    ・ 主婦の友社がなぜこの書を特別にとりあげたのですか?理由はありますか?(福島県 20代 男性)
    ※ 当時、仙台市博物館の展覧会に出陳されたものです。博物館からの提案だと記録されています。(学芸員m)
    ・初めて来館しました。2Fに展示してあった「漫画の旅」がとても興味深かったです。(石巻市 40代 女性)
    ※「漫画の旅」自分もダイスキです。当時すでに、文化と経済は一体だったんですね。関東大震災直前の旅です。(学芸員m)
    ・宮城県の貴重な財産ですね。末永く大切にされますように。(山形県 50代 女性)
  • 25日
    ・以前から貴館のことは存じておりましたがやっと思がかなえられ満足しました。又、伺いたいと思います。(青葉区 70歳以上 女性)
  • 26日
    ・ 今後時間の許す限り、定期的に通いたいと思います。(名取市 70歳以上)
    ※お待ちしております。(学芸員m)
  • 28日
    ・1度立ち寄りたかった。とても感動いたしました。(若林区 60代 男性)
    ・とても良いものを見せていただきました。又、参ります。(若林区 60代 女性)
    ・とても楽しみにきました、ひな祭りを見る事ができ嬉しい気分です。(若林区 60代 女性)
    ・ いつ来館しても何か1つは知識が増えてゆきます。(大河原町 60代 男性)
    ※ありがたい言葉いただきました。(学芸員m)

「ひと言メッセージ」より(平成26年1月分)

  • 7日
    ・素晴らしいものを見せていただきました。(太白区 60代 男性)沖野市民センター
    ・今後もずーっと続けて下さい^?^(青葉区 50代 男性)
  • 8日
    ・解説にふりがながあるので読みやすいです。展示の下にある中国の切り絵がこの時期効いています。(青葉区 50代 女性)
  • 9日
    ・初めての出合でほんとうにありがとうございました。(米ケ袋 70歳以上 女性)
  • 10日
    ・予備知識がなくて新旧、良し悪しが分りません。(若林区 70歳以上 男性)
    ※良し悪しより、楽しんでくださいませ。(学芸員m)
    ・素晴らしい作品にふれかんげきです。又楽しみです。(若林区 70歳以上 男性)
    ・毎年楽しみに拝見してます。(若林区 70歳以上 女性)
    ※毎年のご来館に感謝します。春もお待ちしております。(学芸員m)
    ・身近な場所にこんな素敵な美術館があるのを知って、うれしいです。(青葉区 70歳以上 女性)
    ※みつけていただけて、自分もうれしいです。(学芸員m)
    ・来て良かった。(仙台市 40代 女性)
    ※そんな感想いただけて、自分もうれしいです。(学芸員m)
    ・静かにゆっくり見させて頂きました。また寄らせて頂きます。(太白区 70歳以上 女性)
    ・地域・地元に根ざした美術という考えに共感しました。(埼玉県 60代 男性)
    ※「福島さんちの美術館」ですもの! (学芸員m)
  • 11日
    ・地元に美術館があることが心のいやしです。また来ます。(若林区 30代 女性)
    ・いつも心の平穏を頂いております。(青葉区 50代 男性)
    ・なかなかおもしろかったです。 (太白区 40代 男性)
    ・思った以上に展示が充実していてたのしかったです。浮世絵の企画展がみたいです。(太白区 40代 女性)
  • 12日
    ・これからも長く続きますように (青葉区 60代 女性)
    ※長く続きますように!(学芸員m)
    ・テレビ放映のおかげで来る事が出来てよかったです。ありがとうございました。(青葉区70歳以上 女性)
  • 13日
    ・毎年この時期に来ています。楽しみの1つです。(青葉区 50代 女性)
    ・仙台の街の中にこんな所があるとは知りませんでした。年初めになかなかめでたい物やユニークな作品に出会えて良かったです。 (宮城野区 60代 女性)
    ・良き一年を過せそうです。(富谷町 60代 男性)
    ・今後もおもしろい企画を楽しみにしています。 (若林区 50代 男性)
  • 15日
    ・常設展示室が少し暗いのでもう少し明るくてもいいのではないだろうか。(太白区 高校生 男子)  ※申し訳ありません。作品保護のために光を落としています。
    ・茶道具の富士香合と天目茶碗、俵、黒楽の拝見と朱達磨、扇面、鷲鳥図で充分なもてなし…満足でした。手向の開催日日程を気にしてまた来館致したいと思います。ありがとうございました。(名取 70歳以上 女性)
    ・いつも工夫があっておもしろいです。(富谷町 60代 男性)
    ・毎年めでたがけに来ています。(利府町 70歳以上 女性)
    ・3Fのお香が新年を迎えたことを改めてお教えてくれます。(塩釜市 70歳以上 女性)
    ・散歩中よくこの美術館の前を通ります。貴重な展示を拝見してとても良かったです。(仙台 60代 男性)
  • 16日
    ・雰囲気が好みです。(青葉区 20代 男性)
  • 17日
    ・フジビールの富士山、「一」の軸めずらしかったです。(太白区 70歳以上 男性)
  • 19日
    ・仙台の方々の作品もみたい。(若林区 60代 女性)
    ・毎回見させて感謝しています。(若林区 70歳以上 男性)
  • 22日
    ・素晴らしい また見たい(青葉区 70歳以上)
  • 23日
    ・正月らしい展示 よかったです。(青葉区 60代 女性)
    ・仙台にフジビールがあった事が初めて知りました。仙台のゆかりの人の絵が多く見て来てよかった。(宮城野区 70歳以上 女性)
    ・ていねいな解説いつもたのしみにしています。 (青葉区 60代 男性)
  • 24日
    ・楽しみました(若林区 60代)
    ・展示品をもう少し増やしてはいかが?(名取市 60代 男性)
    ※申しわけありません。展示のスペース上、これ以上の展示数は難しいです。「美術品の間(ま)」も大事に考えて展示していきたいと考えます。
  • 25日
    ・日本画に興味をもちはじめて日があさいのですが、素人ながら良品が多いのに驚きました。また来ます。(宮城野区 40代 男性)
    ・他の美術館に比べると説明書が大きくてとても見やすくわかりやすかった。展示が変ったらまた来て見たい。「めでた掛」とても良かった。(太白区 60代 女性)
    ・気持ちの落ち付く品々と雰囲気でした。(青葉区 70歳以上 女性)
  • 26日
    ・貴重な品々を拝見させていただきありがとうございました (青葉区 70歳以上 女性)
    ・懐かしい雰囲気の建物の中で、貴重な絵や様々な展示物を身近にたくさん観ることができてとても充実した時間を過ごせました。(宮城野区 30代 女性)
    ・多くの市民が関心を持って来館するよう周知していただければよい。県内に多くの文人、画家などが居たことを学んでよかった。(太白区 70歳以上 男性)
    ・建物の雰囲気が良かった。こういう場所がずっと残っていけばいいなと思った。(大阪府 30代 男性)
    ・またよってみたいと思いました。30年前に近くに住んでいたのでとてもなつかしく思いました。(太白区 60代 女性)
  • 28日
    ・大変勉強になりました。またきます。(宮城野区 30代 男性)
    ・とてもいい場所と作品をありがとうございます。(青葉区 30代 男性)
    ・ありがとうございます。(青葉区 40代 男性)
    ・一度は訪れたいと思っておりましたので大変嬉しく思いました。(太白区 70歳以上 女性)
    ・これからもガンバってください。(登米市 20代 女性)
  • 29日
    ・これからもズートヨロシクね。切絵楽しみです。(太白区 60代 女性)
    ・とても楽しかったです!ありがとうございました♪(長町南小 女性)
    ・七福神のことをしっていたけど、もっとしれてよかった。(長町南小 女性)
    ・キリンビールが昔はフジビールだったということが初めて知りました。(長町南小 女性)
    ・だるまの絵がおもしろかったです。少し仙台のことや福島さんのことがわかりました。ありがとうございました。
    ・一富士二たか三なすびの「たか」かものすごく強いということが分った。私も剣道でもっとたかのように強くてたくましくびびらないようになりたいです。(長町南小 女性)
    ・初めて来て富士山や、たかの話を聞けておもしろかったです。(長町南小 女性)
  • 30日
    ・ 良かった。(南三陸町 60代 男性)
    ※ありがとうございます。
    ・ちょうどいい広さ(展示品数)にいつも何か“これがほしい”というのが見せていただけるので楽しいです。 (青葉区 60代 女性)
    ・いいものをしみじみと見せていただきました。(太白区 50代 女性)
  • 31日
    ・これからも着実に進んでください。祈、健闘!(宮城野区 70歳以上 男性)

「ひと言メッセージ」より(平成25年11月分)

  • 1日
    ・一日では見切れませんね。又来たいと思います。「書」の解説文。すぐ隣にあるといいと思いました。上下目の運動には良いと思いますが・・・(青葉区 70歳以上 女性)
    ※今年春展からキャプションの文字を大きくしました。そのためキャプション自体が大きくなり、今回は書状などの白文を手持ち閲覧形式にいたしました。
    ・人が入った時だけでももう少し明るくなるように工夫して下さい。(青葉区 60代 女性)
    ※申し訳ありません。経費を考えると難しいです。資料の保存上、光を下げています。
  • 3日
    ・とても興味深く見させて頂きました。ありがとうございました。(東京 20代 女性)
    ・充実した素晴らしいものでした。又来ます。(青葉区 70歳以上 女性)
    ・楽しく勉強させていただきました。(若林区 60代 男性)
    ・3.11の2ヶ月前に郷、仙台に戻りこれからは仙台の歴史を学びたい・知りたいと考えていた時に“福島美術館”を知り、来ようと思っていた時に震災で閉館した事を知りました。先日姉から“河北新聞”にあったことを知らされ、“近いなら行ってみては?”との話があり再開した事を知りました。今日は来る事ができて良かったです?展示が詳しくて良かった。(青葉区 60代 女性)
    ・静かに見られてとても良いと思います。色々勉強になります。(泉区 60代 女性)
  • 9日
    ・すてきな展示でした。また来ます。(青葉区 20代 女性)
    ・とても心がやすらかになりました。ありがとうございました。(青葉区 20代 女性)
  • 10日
    ・すばらしい書があり古文書が読めたならもっと良いと思います。古文書の読み方を教えて下さい。(太白区 70歳以上 男性)
    ・今回で3回目になります。多賀城市(東北歴史資料館)で福島美術館学芸員さんのお話をお聞きし、知ることができました。震災復興で御苦労なさっていること大変だったと存じます。貴館の発展を祈願致しますと共に今後共御指導の程を(登米市 高倉勝子美術館)
    ・展示会でじっくり見ることができないものをたくさん見ることができて、とても良い時間でした。(富谷町 20代 女性)
    ・展示してあるものはすごいものばかりでした。わかりやすさを心がけているのがヒシヒシと伝わります。静かな音楽でもあれば、良いか。他の方の足音がきになります。(登米市 50代 女性)
    ・大変たのしい、貴重な説明有難うございました。(青葉区 60代 男性)
    ・震災からみごと立ち直られ、本当に良かったですね!おめでとうございます。これからもこの様な講演会など、市民とのふれあいの場を企画下さる様お願い致します。(若林区 70歳以上 男性)
    ・とてもわかりやすい講演で、楽しく聴かせていただきました。(太白区 30代 女性)
  • 12日
    ・学芸員さんの説明がおもしろかったです。(若林区 20代 女性)
    ・ていねいな説明ありがとうございました。(泉区 20代 女性)
  • 14日
    ・収蔵品を紹介する冊子を作成してあるのでしょうか?ともかく、立派な収蔵品だと感じました。(福島市 60代 男性)
    ・立派なお品を見せていただき豊かな時間を持つことができました。有りがとうございました。(若林区 60代 女性)
    ・地域の中にすばらしい作品が展示されていることに感動しました。又、来館したいです。(若林区 60代 女性)
    ・小さいけどすてきな美術館ですね。又、来たいです。(宮城野区 50代 女性)
    ・大変すばらしい「字」「書」?を拝見できて感激でした。(若林区 60代 女性)
  • 15日
    ・祖母が生前伊達家の話を良くしていたので来てみました。(北海道 50代 女性)
    ・これからもずっと楽しみに致しております。色々と勉強になります。(泉区 60代 女性)
    ・仙台の大切なものいつも感心して見せていただいております。(青葉区 70歳以上 女性)
  • 16日
    ・また来ます。(太白区 40代 男性)
    ・色々学ばせてもらいました。(太白区 40代 男性)
  • 19日
    ・ゆったりと過ごすことができました。感動・・・・・です。ありがとうございました。又是非来館します。(太白区 60代 女性)
  • 20日
    ・ずっと前から来たかったです。静かで美しくとても素敵な所ですね。作品もその説明もとても興味深かったです。(青葉区 50代 女性)
    ・ゆっくり見ることが出来ました。(青葉区 50代 女性)
  • 22日
    ・今、「伊達政宗と栗原ゆかりの武将たち」というタイトルで古文書等を手がかりにまとめています。和久半左衛門は栗駒に領地を与えられた武将で、豊臣、伊達両家の右筆をつとめた優れた人物です。半左衛門直筆の書状を目にすることができ、強く印象に残りました。    (栗原市 70歳以上 男性)
    ・本日は時間が無くゆっくり見ることができなかったので、又後日来館したいです。すばらしい古文書又は作品でした。(太白区 70歳以上 男性)
    ・今後が楽しみ!!(青葉区北山 70歳以上)
  • 23日
    ・初めて来館しましたが、すばらしい物ばかりで感動しました。(大崎市 60代 女性)
    ・トイレをきれいにして下さい。(大崎市 60代 女性)
    ※古い建物のため、申し訳ありません。今後検討してまいります。
    ・すばらしい展示品です。(泉区 60代 男性)
    ・貴重な文化財、興味深く拝見しました。福島氏の業績なども初めて知りました。(若林区 70歳以上 女性)
  • 24日
    ・収蔵品に関連する周辺の史跡の紹介などの展示もあるとよいかもしれない。(太白区 30代 男性)
    ・素晴らしい作品でとても感激しました。何度でもずっとみていたいものばかりです。また機会を作って下さい。ありがとうございました。(若林区 50代 女性)
    ・又来たいと思います。有難うございました。(若林区 80歳以上 女性)
    ・友人が福島美術館がここにあることを知らされ、ぜひ来てみたいと思い今日来ましたら丁度展示の最終日。よかった!(太白区 70歳以上 女性)

「ひと言メッセージ」より(平成25年9・10月分)

  • 10月1日
    ・再開できて、本当によかったと思います。(岩手県 40代 男性)
    ・大変良い時間を過ごせました。(若林区 50代 女性)
  • 10月3日
    ・ 再開したことは知人を通して知っていましたが、なかなか行くことができずにいました。今回来館し、以前どおりのあるべき姿を見ることができ、大変うれしく感じました。(神奈川県 20代 男性)
    ・初めて来ました。静かで、ゆっくり見られてよかったです。(泉区 50代 女性)
  • 10月4日
    ・健康上の都合で久しぶりにお伺いさせていただきました。すべて、感どうと。焼きもの等の年代、場所に気持ちをはせて、すばらしい充実した1日になりそうです。ありがとうございました。(太白区 70歳以上 女性)
  • 10月10日
    ・近くにこんなに充実した内容の施設があるとは…知りませんでした。今まで知らずにいたことがもったいない(>_<)また足を運びたいです!(太白区 30代 女性)
    ・勉強になりました!!又、きます(太白区 70歳以上 男性)
  • 10月12日
    ・伊達政宗展は、時々開催して欲しい企画です。視点、内容を変えて。今回の内容はちょうどよかったです。“タカ”二双に会いに又、来館します。(太白区 60代 女性)
    ・ 貴重な文化遺産を保管され又、観賞できる事、ありがとうございます。(栗原市 50代 男性)
  • 10月13日
    ・とても静かで、おちついた美術館ですてきだと思います。(太白区 40代 女性)
    ・重村公正室・年子夫人に興味が湧きました。(青葉区 30代 男性)
    ・分り易いコメントがうれしい。(泉区 70歳以上 男性)
    ・天皇の書がすごかったです。(亘理町 10代以下 女性)
    ・街のなかの小さな美術館。書画が中心でよろしいです。まとまってコンパクトな手法がよい。(太白区 70歳以上 男性)
  • 10月17日
    ・充実の内容。広瀬河岸の工事でいつもの道ではなくこちらにまわれて幸いでした。(太白区 50代 女性)
    ・地域に美術館があるので嬉しく誇りです。存続を希望します。(若林区 60代 女性)
    ・感激しました。次回はゆっくり時間をかけて!(太白区 70歳以上 男性)
    ・七十七になるまで初拝見(妻の看病)前の展示もこれなかった。工芸品に興味あり。(若林区 70歳以上 男性)
  • 10月19日
    ・落ち着いていてみやすい。(東京都 40代 男性)
  • 10月26日
    ・展示や学芸員の方との距離の近さにおどろきました。また来たいです。(青葉区 20代 女性)
    ・絵はがきのサービスうれしかったです。ありがとうございます。(泉区 10代以下 女性)
    ※「東北文化の日」のイベントによるプレゼントでした!
  • 10月27日
    ・ 仙台藩主達や仙台藩に関する人物達の人物像が垣間見れて楽しかったです。(青葉区 30代 男性)
    ・想像以上に展示物が充実しており楽しめました。(県内 30代 男性)
    ・近くに住んでおりますが来れて良かったです。(若林区 40代 女性)
    ・街の美術館(私設)があるとは思いませんでした。(若林区 50代 男性)
  • 10月30日
    ・ 貴重な資料を拝見する機会を得て有難く思いました。再開を心よりお慶び申し上げます。(三重県 30代 男性)
    ・身近な場所にあるので、気軽に来ることができ勉強になりました。航のパンフレットありがとうございました。(若林区 70歳以上 男性)
    ・大変立派な企画でした。特に政宗直筆の書翰は見事でした。政宗の手紙を読んでおり、参考になりました。(柴田町 70歳以上 男性)
  • 10月31日
    ・初めて来て良かったと思います。(太白区 70歳以上 男性)
    ・気になっていた美術館でした。菊田栄羽のは本物はすばらしい。(太白区 50代 女性)
  • 9月21日
    ・学芸員さんのお話が聞けてよかったです。一人で見るより色々な事がきけました。ありがとうございました。(太白区 40代 女性)
    ・ 以前から市内美術館の中でも穴場として人にすすめていましたが、今回のチラシの完成度を「かわいい!一体この変わり様はどうしたんだ!」と知人と一緒に驚いていました。震災より再開までご苦労と多数の支援を経て、こうして展示を拝見できる事有難く思いました。(松島町 40代 男性)
    ・古くて読めない!!字の読み方が書いてあってうれしいです。けいたいもできる!(宮城野区 70歳以上 男性)
    ※今回は古文書が多いので、携帯できるキャプションを用意しました。
    ・古文書好きとしてはなかなかの内容でした。11月の講演会も楽しみにしています。(太白区 40代 女性)
    ・いつも静かで結こうでした。(青葉区 60代 男性)
    ・展示室全体が良い香りでした。(角田市 20代 女性)
    ・文香のような香りがとても落ちつきました。(岩沼市 20代 女性)
  • 9月22日
    ・再開の通信を頂いて、一度来たいと思っておりました。政宗公の書など大変興味深く見させて頂きました。(京都府 60代 女性)
  • 9月23日
    ・いつも1〜2ヶ月に一回の割で来ています。心の平穏さを頂いております。ありがとうございます。(青葉区 50代 男性)
    ・通りすがりに寄りました。(太白区 50代 男性)
    ・「仙台藩の手文庫」は見てておもしろく勉強になりました。(青葉区 40代 男性)
  • 9月25日
    ・町の中にこの様な美術館があることを始めて知りました。静かな一刻を過ごすことが出来て嬉しく思っています。(青葉区 70歳以上 男性)
    ・特に「鷹図(双幅)」、めったに見ることの出来ない絵を拝見。今にも飛び立たんとしているようです。感激です。(太白区 70歳以上 男性)
    ・説明の字が大きく、ふりがながついていて読みやすかったです。切絵が楽しくきれいでした。有りがとうございました。又来たいです。(若林区 60代 男性)
  • 9月26日
    ・絵画が興味深い。(三重県 60代 男性)
  • 9月27日
    ・伊達家の愛蔵品を初代〜見られて貴重なコレクションだと思いました。これからもよろしく頑張ってください。(青葉区 60代 女性)
  • 9月29日
    ・伊達家の重要品がこんなにあるとはすばらしいに尽きる。又来ます。(青葉区 70歳 男性)
    ・こういう美術館が仙台にあるという事を今回知りました。ありがとうございます。(県内 60代 男性)
    ・次回もうかがいます。(若林区 70歳以上 男性)

「ひと言メッセージ」より(平成25年5月)

  • とても美しい日本画の桜や鳥や女性。五月の1日にふさわしいひとときでした。また展示替えのとき来たいと思います。(H25.5.3 泉区 50代 女性)
  • 初めてきたのですが小規模ながら大切にとり扱われ、一つ一つが輝きを持っているようで、じっくり鑑賞することができました。素敵な作品ばかりだと思いました。(H25.5.5 若林区 70歳以上 女性)
  • 福島美術館、前から気になっていたのですが、今回拝見して大変良かったです。又、きてみようと思います。(H25.5.5 60代 女性)
  • ゆっくり見せていただきました。心が豊かにになりました。ありがとうございます。(H25.5.5 太白区 40代 女性)
  • 初めて訪れました。もっとたくさんの人に見ていただけたら良いですね。(H25.5.5 青葉区 40代 女性)
  • 再開できてよかったですね。(H25.5.5 泉区 60代 男性)
  • 広瀬川テーマの出品作品。企画としても面白いと思うし、良かったです。(H25.5.6 青葉区 70歳以上 男性)
  • とても丁寧でご努力が感じられました。 (H25.5.6 青葉区 70歳以上 女性)
  • めずらしく興味深い作品があり楽しめました。切り絵が上手ですてきです。(H25.5.6 泉区 30代 男性 福田さん)
  • 少数精鋭でよかったです。見ごたえありました。(H25.5.6 泉区 30代 女性)
  • 色々と仙台、東北にかかわる書画等を展示してください。(H25.5.6 若林区 70代以上 男性)
  • 静かでゆっくり見ること出来ました。 (H25.5.6 多賀城市 60代 女性)
  • 維持するのは大変でしょうが、大切な遺産をどうぞ末永くお伝え下さいます様お祈りいたします。 (H25.5.6 青葉区 70歳以上 女性)
  • また、ゆっくり来たいと思います。(H25.5.8 富谷町 60代 男性)
  • 小じんまり、ゆっくり見ることができました。一般的な観光ガイドブックに載っていないので、知られる機会が少ないだろうと残念に思います。(H25.5.10 滋賀県 50代 女性)
  • 静かで心が穏やかになるのを感じた時間でした。展示の仕方、子どもにも読めるようにルビを振るなど、手作りのていねいさに好感を持ちました。小規模でもこのままで長く続けて欲しいと思います。(H25.5.10 宮城野区 60代 女性)
  • 折り紙のかわいい切り絵?良い雰囲気、空間をつくっています。(H25.5.10 泉区 60代 女性)
  • 展示されている絵も良かったし、その横にさりげなく飾られているタンポポやてっせんの切り絵や最初に掲示してある展示会への思いを込めた言葉や字体から、思い入れが感じ取れました。(H25.5.10 大阪 40代 女性)
  • 仙台(伊達)の身近な作品が見られるので楽しみにしてます(H25.5.10 太白区 70歳以上 男性)
  • はじめてでしたが、学芸員の方のていねいな解説にたいへん勉強になりました。又、来て拝見させていただきます。ありがとうございました。(H25.5.11)
  • こういう時間を過ごすのもいいと思いました。どうもありがとうございました。(H25.5.11 青葉区 60代 女性)
  • 初めてきました。又きます。(H25.5.10 青葉区 60代 女性)
  • 名称と中身が一致しない。2度は来ないかもしれない。(H25.5.12 宮城野区 50代 男性)
  • 春にふさわしいやわらかな作品群がすてきでした。(H25.5.12 泉区 40代 男性)
  • 「せんだい春のアート散歩」を知り、来ました。家が近くなので、時々来ます。「花と、女性と、広瀬川」の企画がとてもステキでした。(H25.5.11 青葉区 60代 女性)
  • 震災の被害にも負けず。頑張りに敬意(H25.5.11 青葉区 70歳以上)
  • 美人画がよかったです。(H25.5.16 若林区 10代 女性)
  • 多様な絵をみさせていただきありがとうございます。(H25.5.16 太白区 60代 男性)
  • とてもよかったです。また、展示がかわったらみにきます。(H25.5.16 青葉区 40代)
  • 狭い空間を上手く使って作品を展示していて、すごいと思いました。(H25.5.16 登米市 20代 女性)
  • かわいい小さなよい美術館でした。(H25.5.16 仙台市 20代 女性)
  • 作品のところに番号があると展品がわかりやすいと思いました。すてきな作品が多くてびっくりしました。(H25.5.17 宮城野区 50代 女性)
  • 作品をみて、心が落ち着きます。(H25.5.17 名取市 70歳以上 男性)
  • 3F→茶道をしているので興味深かったです。(H25.5.18 盛岡市 60代)
  • 荒木十畝の白木蓮と小鳥に感服。古山、尾形氏の絵もよかったです。(H25.5.18 青葉区 70歳以上 男性)
  • 美術展は今まで一度もありませんでしたので今日は本当に良かったと思っております。有難うございました。(H25.5.21 太白区 70歳以上 女性)
  • 2階の仏像と3階の展示品がおもしろかったです。特にクジャクバトが素敵でした。これのポストカードがあったら迷わず買ってしまいそうでした。(H25.5.21 県内 20代 女性)
  • 数多くの作品を展示してもらいたい。(H25.5.21 青葉区 60代 男性)
  • 初めて当館見学させて頂きました。やさしいタッチの風景画とてもやすらぎます。(H25.5.21 泉区 70歳以上 男性)
  • 街中とは思えない静かな美術館、展示品も素晴らしく江戸後期の日本画、美人画等趣味深く拝見しました。(H25.5.21 青葉区 70歳以上 女性)
  • 再開おめでとうございます。もっと知られれば良いですね。(PR,告知…) (H25.5.21 泉区 男性 70歳以上)
  • 六歌仙和歌打ち折本とても感動致しました。繊細で。小杉放庵、栗原出身の遠藤速雄画家にも。(H25.5.22 青葉区 男性 70歳以上)
  • 再び拝見の機会を得、嬉しいひとときでした。(H25.5.22 宮城野区 女性 70歳以上)
  • 地味で、靜かで、ゆったりできます。(H25.5.24 若林区 40代)
  • 福田眉仙の「田家の春」が良かったです。又、来ます。(H25.5.24 塩竃市 60代 男性)
  • ネットを上手に利用した広報活動で、まだまだ来館者は増えると思います。(H25.5.24 川崎町 40代 男性)
  • 福島家のコレクションに感心致します。説明内容もわかり易いです。(H25.5.25 泉区 70歳以上 男性)
  • いつも見せてもらっています。(H25.5.25 宮城野区 70歳以上 男性)
  • 表の鳥の声がかすかにきこえ、とてもいい環境だと思いました。忠岡三千子氏の小町図は、ユーモアがあってびっくりしました。(H25.5.26 太白区 50代 女性)
  • とてもすばらしいものでした。1F水彩画も良かった。(H25.5.26 若林区 70歳以上 女性)
  • 近隣の学院大博物館、カメイ美術館等との共同企画or三館共通入場券orDCなど観光キャンペーンとのタイアップなど、経費のかからない行政の援助を得られる集客を考えても良いと思います。(H25.5.26 太白区 50代 男性)
  • 落ち着いた展示をありがとうございます。(初めて来ました)次の展示もHPでチェックします。(H25.5.26 青葉区 50代 男性)
  • 久し振りに日本的な文化にふれ心が和みました。又、訪れたいと思いました。(H25.5.26 青葉区 50代 女性)
  • 今回の展覧会、「花と、…広瀬川」はとても明るく、美しくまさに震災から立直った貴館にふさわしいテーマだと感じました。今後も他館と協力されて、中身の濃い企画をされます様、ご期待申し上げます。(H25.5.28 若林区 70歳以上 男性)
  • 小さいけれどとてもよかった(H25.5.28 県内 70歳以上 男性)
  • 他社と出会わず静かな美術館で、「かくれが」的な存在です。(知名度が上がり、多くの人が訪れる事は良いことなのでしょうが…)(H25.5.28 若林区 60代 男性)
  • 市内に住んでいても知らない方が多いと思いますので何とかたくさんの人々にいらしていただく方法を?(H25.5.28 若林区 60代 女性)

「ひと言メッセージ」より(平成25年4月)

  • ロマンのある作品たちでした。(H25.4.9 宮城県 男性 20歳代)
  • 仙台に住んでいて初めて来ました。見学の場所がふえました。また来ます。(H25.4.9 仙台市若林区 男性 60代)
  • もっと多くの人にお見せしたい。殆んど知られていないのでは・・・。(H25.4.9 仙台市青葉区、女性、70歳以上)
  • いつも素通りしてまして、福島美術館ってどんなものを展示しているのか興味があって、本日は寄る機会を得ました。絵・書に関心があったので、とても興味深く見させていただきました。(H25.4.19 仙台市太白区、女性、70歳以上)
  • 年に何回かの来館楽しみです。(H25.4.23 宮城県柴田町、女性、50代)
  • どの作品も初めて拝見するものばかりで、とても興味深かったです。ありがとうございました。(H25.4.23 福岡県 女性 30代)
  • 展示物の下にある切り絵(折り紙)うれしくなっちゃう。イキで可愛くて。(H25.4.24 仙台市泉区、女性、60代)
  • 前から来館したいと思っていました。場所もわかったので又、来たいです。(H25.4.26 宮城県石巻市 女性 60代)
  • 震災後のメディアで大変な状況をしり、以前から来てみたかった所でした。仙台に移り住んで18年ですが、とても素敵な場所をみつけました。気軽に、アットホーム的にアートを楽しめます。あちらこちらに学芸員の方の心配りが感じられました。 (H25.4.27 仙台市青葉区 女性 70歳以上)
  • わくわくする作品が沢山あり、感動しました。(H25.4.28 仙台市泉区 男性 70歳以上)
  • 宮城県美術館は仙台に来るたび見ていますが、こちらは初めて寄せていただきました。春らしい雰囲気の日本画楽しませていただきました。(H25.4.28 福島県いわき市 男性 50代)
  • 絵と和歌のコラボがわかりやすくてよかった。(H25.4.29 仙台市若林区 女性 70歳以上)
  • 催しが変わるたびに来て見たいと思います。(H25.4.29 仙台市若林区 男性 70歳以上)
  • 近くに住いながら、日々忙しく過ごしながら…震災後の再開を聞き、やっと来場可能になり嬉しいです。今回は女性をテーマとのことで素敵な一日となりました。テーマが季節が変わるごとに展示が変わるのを期待して、又、伺いたいですネ。(南三陸の切子を思わせる紙々に“かっさい”でした。)(H25.4.29 仙台市太白区 女性 60代)
  • 散歩の中で、ちょっと入れる、町なか美術館で大変よい。入場料も丁度よい。(H25.4.29 仙台市青葉区 男性 60代)

    ※学芸員mより
    古い小さな美術館ができることは、いったいなんだろう。いつもそんなことを考えています。
    また、アンケートは「よい一言」ばかりではありません。
    <もっと良い作品を展示してほしい。><もっと多く展示してほしい。>という感想も頂いております。個人が郷土に遺したいと収集したコレクションです。ご了解いただけるとありがたいです。展示室のスペースがあり、展示の点数を増やすのは難しいです。

「震災復興 めでた掛け〜再会」(2012.12/19〜2013.3/3)に寄せて
つぶやきノートより(H25年2月6日付)

  • 「めでたい絵の数々に、春も近いなあと嬉しくなりました。震災から再会(再開)までの御苦労を思います…。またお邪魔して、様々に思いをはせながら静かなひとときを過ごしたいものです。ありがとうございました。」平成25年1月
  • 「お天気がいいので出てまいりましたがやっぱり来てよかったー。震災後何かと御苦労されたと思いますが、このように再開していただき有難うございます。これからもいろいろみせて下さい。」平成25年1月
  • 「宮城県にて福島美術館とは?と思いましたが、展覧物を見て納得しました。河北新聞に載ったのを見て用事のついでに見にきましたが、びっくりしました。素晴らしい作品ばかりです。(中略)仙台市というか宮城県の誇りですね」平成25年1月
  • 「震災依頼からの開館で楽しみに来ました。この付近は自然も残っており、また昔ながらの家もあります。散歩コースとして、自然を楽しみ、美術も楽しみ、…おいしい物を食べて。」平成24年12月19日
  • 「開館おめでとうございます。講演聞けませんでした。残念です。けれども知人に会えて良かったです。いい作品をすすめてもらいました。じっくりみてから帰ります。友人を誘って又参ります。」平成24年12月19日
  • 「待ちに待った「再会」でした。おめでとうございます。歴史のあるものを残し、つないでいくだけではなく、新たな発見を加えての展示に皆様の準備期間のご苦労を感じます。なつかしい作品がたくさんです。大事にしたい場所のひとつです。本当におめでとうございました。」平成24年12月19日

七福絵ハガキ募金にご協力下さった方々のなかに、振込み用紙の通信欄に当館への応援メッセージを書いて下さった方が数多くいらっしゃいました。

なかには、お送りしたハガキで返事を下さる方や、寄付とは別に手紙を下さる方もいらっしゃいます。本当に励みになりました。ありがとうございます。個人情報が特定されない範囲(一部抜粋等)で、ここにご紹介させていただきます。

尚、原文をそのまま記載しています。ご容赦ください。

「七福絵はがき募金」応援メッセージ(H25.2.6更新)

  • 年末の大掃除でみつけました。年度おくれかもしれませんが募金としてご笑納ください。(平成25年1月 若林区 男性)
  • 以前寄付させていただいた者です。その後、わざわざお手紙をいただき、ありがとうございました。少額ですが、美術館のためにお使いいただければ幸いです。(いつか行きます!)(平成25年1月 神奈川県 女性)
  • 12月19日より開館良かったですね。今回も気持ですが、お振込します。(平成24年12月 宮城野区 女性)
  • 同封のお金、貴美術館の修復費の一部としてお役立て下されば幸いに存じます。このお金は小学校の同窓会が三年毎に開催され、残金を少しづつ積立てていたものですが、貴美術館のことを話しておりましたら、ぜひお役に立ててもらおうという事になりました。何卒お収めくださいませ。(抜粋)(平成24年6月 佐賀県 女性)
  • 遅くなりましたが、貴美術館への第二弾百名分の応援をご送金いたしました。金額的には甚だ小額ですが、語りつぐべき大きなことと受け止め、応援をお願いしております。すでに第三弾(300人目)に向かっております。何卒お役に立てていただければ幸せに存じます。(抜粋)(平成24年8月 佐賀県 女性)
  • 先日、京都国立近代美術館を訪れた際、貴館が寄付を募っておられるとのお知らせが目に止まりました。一美術ファンとして、協力させていただければと存じます。みなさまの安全と健康、貴館の再会を祈念しております。(抜粋)(平成24年7月 京都府 女性)
  • 私の住んでいます刈谷市は今、満開の桜々です。いつの日か美術館をお訪ね出来る機会があれば…と思っています。名残の花冷えの日もあります。お体気をつけてご活躍下さいませ。(抜粋)(平成24年4月 愛知県 女性)
  • 昨7月15日、貴館通信No.48とご丁寧なご挨拶状を落手いたしました。今回のご報告、何よりも嬉しく、希望を与えて頂きました。今後も心懸けて、広報も御役に立てるよう、コピーを知友に発送致します。感謝!(抜粋)(平成24年8月 北海道 女性)
  • 小額ですが、一日も早い開館を念じております。(平成24年1月 若林区 男性)
  • 12月27日河北新報で貴美術館の事を知りました。わずかな金額で申し訳ありませんが少しでもお役に立てたらと思いペンを取りました。これまで機会がなく、貴美術館にはおじゃましたことがありません。再開したときにはぜひおじゃましたいと思います。」(抜粋)平成23年12月 宮城野区 女性)
  • 伝え聞く所によりますと、貴美術館も、昨年の大震災で多大な被害を受けられたとの事でございます。心より御見舞申し上げます。その復旧のために皆様日夜大変な御努力をなされておられると拝察いたします。私も復旧を願う気持ちを表したく、ごくごく僅少で、何のお役にも立たないと招致しておりますが、わずかながら同封させていただきました。一日も早く元に戻るようお祈りいたしております。(平成24年1月 青葉区 男性)
  • 今回貴館の状況を伺いました。お見舞申し上げます。極めてささやかで申し訳ないのですが、○口分と年賀切手のあまり(家族分)を同封しました。切手は他の方の絵はがき送付にでもお使い頂けると幸いでございます。(略)大変な金額なので、本当にささやかで申し訳なく存じます。(平成24年1月 千葉県 男性)
  • 先日は美しい七福絵はがきをお送り下さりありがとうございました。東日本大震災から一年、本当に大変でございます。テレビでそちらの様子を見ております。大変さにも負けず前向きで生きていっておられる皆様に感動いたしております。一日も早い復興をお祈りいたしております。(平成24年4月 佐賀県 女性)
  • 私は88歳の米寿になりますが、生涯絵画の好きな私にとって、どれほど「美」の喜びを感じさせられたか分かりません。ただ感謝のひと言です。一日も早い復旧を祈るばかりです。平成23年12月 太白区 男性)
  • 支援の輪を広げましょう。お手伝いさせて頂きます。平成23年12月 泉区 男性)
  • 大変ですがくじけないでください!平成23年12月 新潟)
  • 一度行ってみたかったのでぜひ復興を願います。紋の切絵を教えていただきたいと思っています。(平成24年1月 宮城野区 女性)
  • 民間の小さな美術館に共感しております。大震災という災難の中、貴館の活動に敬服いたします。志の灯をどうぞお守り下さい。(平成24年1月 京都府 女性)
  • 美術館の再開を楽しみに致しております。私共も家の修理がまだ出来ておりませんしいくらかかるかわかりません。小額ですがよろしくお願いいたします。(平成24年1月 岩沼市 女性)
  • 梁川も復興に努力中。わずかですみません。(平成24年1月 福島県 男性)
  • 文化財の保存に尽力されている学芸員様の思いに感銘しました。わずかですがお役立ていただければ幸いです。(平成24年1月 東京都 男性)
  • わずかですが七福絵はがき募金を送ります。(平成24年1月 泉区 男性)
  • 一日もはやく復旧することをねがっています。(平成24年1月 青葉区 男性)
  • 気持ばかりで恐縮です。頑張って下さい。(平成24年1月 北海道 男性)
  • 尊い縁をいただきありがとうございます。(平成24年2月 岐阜県 女性)
  • 少しですみません。遠方から見守っています。(平成24年2月 佐賀県 女性)
  • 一日も早い発展的復興を祈念いたします。(平成24年2月 愛知県 女性)
  • 一日も早く御修復が叶いますよう祈り上げます。少額で申し訳ございません。(平成24年2月 岩沼市 女性)
  • 修復成った美術館で鑑賞させていただくのをたのしみにしております。(平成24年2月 太白区 女性)
  • 震災募金させていただきます。(平成24年2月 宮城野区 女性)
  • 父が石屋でしたので、福島さんの石像を立てた時働いたと聞いています。私も近所ですのでたまに美術館におじゃましてます。(平成24年2月 若林区 男性)
  • 福島美術館支援・七福絵はがき募金へ協力いたします。(平成24年2月 宮城野区 男性)
  • 震災でたいへんでしたね。気持ですが送金いたします。ご容赦下さいませ。(平成24年2月 宮城野区 女性)
  • 寒くはないです、と申しますのに、各お部屋ファンヒーターをつけてまわって下さった係りの方、忘れられません。(平成24年3月 青葉区 女性)
  • 少額ですが、何かのお役にたてば幸いです。(平成24年3月 岩手県 男性・女性)
  • 少額ですがお役に立てれば幸せです。(平成24年3月 愛知県 女性)
  • 美術館の1日も早い再開をおいのりします。(平成24年3月 佐賀県 女性)
  • 福島美術館のことを知ったのは、河北新報のネット配信のニュースでした。学生時代、伊達家の研究をしておりまして、何度も仙台を訪れ、老後は仙台に住むと公言するくらい仙台が大好きです。(中略)いつかまた仙台へ行けたら、福島美術館にも是非お邪魔したいと思っています。(平成24年3月 大阪府 女性)
  • 仙台の友人からそちらの様子を聞き、美術館通信も拝読しました。ほんの少しでもお役に立てればと思います。そしてなるべく早くの修繕・再開を心から願う次第です。大変でしょうがお身体には、お気をつけ下さい。(平成24年3月 群馬県 女性)
  • 美術館のお役に立てればうれしいです。(平成24年3月 宮城野区 女性)
  • 美術館の再開を期待しております。(平成24年4月 京都府 女性)
  • 「修繕にお役立ていただければ幸いに存じます。(平成24年4月 大阪府 女性)
  • 一日も早い開館を祈っています。兵庫黒川古文化研究所でパンフを拝見いたしました。(平成24年4月 大阪府 女性)
  • 昨年の大震災大変でしたね。心からお見舞い申し上げます。わずかで少なくて申し訳ありません。私の住んでいるマンションも半壊認定でしたが、たいしたダメージもなく応急処置の工事も無事終了しました。福島美術館が一日も早く復興されますようにお祈り申し上げます。皆様もお元気で!(平成24年4月 太白区 女性)
  • 震災寄付。わずかですが・・・。」     (平成24年4月 愛知県 女性)
  • 皆様の愛は、光です!! 顔晴れ↑↑」   (平成24年5月 佐賀県 女性)
  • この度の震災におかれましてはお見舞い申し上げます。少しですが、復旧の足しにして頂ければ幸いです。(平成24年5月 神奈川県 男性)
  • お役に立てますように。わずかで申しわけありません。(平成24年5月 神奈川県 男性)
  • 復興支援の為寄付いたします。心ばかりですが。(平成24年5月 神奈川県 女性)
  • 工事が順調に進みますように祈ります。(平成24年6月 岐阜県 女性)
  • 同じ学芸員として心より復興を願っております。(平成24年6月 太白区 男性)
  • わずかながらで恐縮です。遅くなり、大変申し訳ございません。皆様、お身体にお気をつけて・・・。再開をお祈り致します。(平成24年6月 若林区 女性)
  • 少ない額ですが、再開費用に使ってください。(平成24年6月 太白区 男性)
  • 再館に向けて頑張っていらっしゃる様子をお便りで拝見しうれしく思います。たくさんの方の繋がりも感じます。応援しています。(平成24年7月 東京都 女性)
  • 再開も決まったとのことでおめでとうございます。これからもまだまだ大変でしょうが、お体に気をつけて、がんばって下さい。(平成24年7月 大阪府 女性)
  • これからも応援を続けます。(平成24年7月 宮城野区 男性)
  • ささやかですが(平成24年7月 埼玉県 男性)
  • 少額ですが、お使い下さい。(平成24年7月 東京都 女性)
  • 送っていただいたハガキ使っています。とてもいいものですね。(平成24年7月 兵庫県 女性)
  • 先日、福島県立美術館「ベン・シャーン展」を見学した際、貴館の現状を知りました。その前に、陸前高より南下、女川町と石巻市の被災者を訪ねました。 昨夏は宮古と大槻を訪ねました。一年たっても遅々として進まない復興に、むなしさを感じた次第です。(中略)一日も早い復興をねがっています。(平成24年7月  埼玉県 男性・女性)
  • わずかですが、お力になればと思い振込みさせて頂きます。(平成24年8月 兵庫県 女性)
  • 学芸員尾暮様の新聞記事拝見いたしました。御苦労様です。再開を楽しみにしております。(平成24年8月 青葉区 女性)
  • いつか必ず行きますね。暑いのでお体調大事に。(平成24年8月 千葉県 女性)
  • 東京新聞に載った河北新報の記事を見ました。東北の方々が楽しみにして出かけ、安らぐ美術館の再開を支援します。(平成24年8月 神奈川県 女性)
  • 少額ですが、支援させていただきます。(平成24年8月 兵庫県 女性)
  • 再開される日を楽しみにしております。(平成24年8月 若林区 女性)
  • 大変なご苦労をなさいましたね。老人ホームに居る身で、○口で申し訳ありません。よろしくお願い致します。(平成24年9月 埼玉県 女性)
  • 伊丹の柿衛文庫で知りました。いつもハガキ有難う、使っています。(平成24年 9月 兵庫県 男性)
  • おめでたい七福神はがきありがとうございます。僕がボランティアで文通している石巻の仮設の独り暮らしの“ばあば”さんに、はがきを送ったら『本当におめでたいものをありがとう』とお礼状をいただきました。美術館、再開したら必ず見に行きます!!(平成24年 9月 東京都 男性)
  • 松島の瑞巌寺の展示館でチラシを頂きました。少しばかりですが、再開の足しにして頂けたら幸いです。(平成24年9月 東京都 女性)
  • 再開までもう少しですね。がんばって下さい。遅ればせながら寄付金お送りします。(平成24年9月 青葉区 男性)
  • 東京もだいぶ涼しい日を感じるようになってきました。福島美術館、再開に向けてお忙しいことと思います。皆様おからだ大事に頑張って下さい。(平成24年 9月 東京都 女性)
  • 早速、有難うございました。福島県関係かと思いましたが、“家”とは知りませんでした。二つの図書館・福祉事務所へ置いてもらいます。(平成24年 9月 埼玉県 女性)
  • ごぶさたしています。皆さんお元気のことと思います。(平成24年 10月 青葉区 女性)
  • 12月に再開とのこと。喜ばしく思います。再開にお役立ていただければ幸いです。(平成24年10月 東京都 男性)
  • 札幌から、お祈り申し上げます。(平成24年11月 北海道 女性)
  • 大分間が経ちましたがどうぞ些少ながらお役立てください。一応オープンのおしらせありがとうございました。(平成24年11月 岩沼市 女性)
  • 再開に向けて忙しい日をお過ごしかと思います。わずかな額ですが、又、募金させていただきます。お役に立てていただければ幸いです。いつになるかわかりませんが寄らせていただきたいと思っています。無精に絵が観たいです。これから寒さが厳しくなります。お体をお大事にお過ごし下さい。」(平成24年11月 宮城野区 女性)
  • 12月19日の再開を楽しみにしています。ご準備お忙しいと思いますが、皆さまお体に気をつけて・・・。」(平成24年11月 泉区 女性)
  • 頑張っている姿を見て皆さん応援して下さるのですね。 私もとても励みになりました。美術館の皆さんの益々のご活躍をお祈りします。(平成24年11月30日 一関市 パンフで観光)
  • お客様(以前ご寄付くださった方)の声かけにより、当店でバザーをした金額です。お役に立てれば嬉しいです。(平成24年11月 佐賀県 女性)
  • 大変遅くなりました。僅少にて申し訳ありません。震災に遭うなど全然考えていなく(堅牢)、御心労御見舞い申し上げます。高齢(87才余)となり遠路の外出訪問できず残念です。往時の御盛況とならんこと祈りおります。(平成24年 12月 登米市 男性)
  • 天童に行ってこの寄付を知りました。」 (平成24年 12月 泉区 女性)

※4月12日から同14日の期間、愛知県・岐阜県のご支援の方が6名で<福島美術館や被災地を応援したい>と、お見えになりました。福島美術館の一面段ボールの展示室をご覧になり、あちらこちらで山のように買い物をされて、帰りは名取の閖上にある日和山でお祈りを捧げて下さいました。心より感謝申し上げます。

  • 修繕にお役立ていただければ幸いに存じます。(H24年4月17日 吹田市 男性)
  • 美術館の再開を期待しております。(H24年4月17日 京都市 男性)
  • 先日はお蔭様で心に残る価値ある旅になりました。心よりお礼申しあげます。出来る限り応援続けます。(H24年4月16日 岐阜県 女性)
    ※ 先日、仙台へ来られた方がお帰りになって、再度、ご支援くださいました。
    来館されたT様はお土産としてお渡しした仙台のお菓子を帰られてから、ある方にお持ちしたら、美術館支援を頂きましたと、ご連絡がきました。
    <ご支援の絆>に感謝いたします。
  • 仙台市 晩翠画廊での個展での売り上げより、福島美術館へ支援します。(H24年4月16日 大崎市 日本画家 桜田勝子様))
  • 心ばかり送らせていただきます。いつの日か美術館をお訪ねできる機会があればと思っています。(H24年4月11日 愛知県 女性 現金書留にて))
  • 毎月お送りいたします。(H24年4月6日 兵庫県 男性)
    ※ ありがとうございます。
    ※ 仙台市内のリピーターT様からも4回目のご支援頂戴いたしました。
  • 素敵な絵はがきをお送りいただきありがとうございます。ハガキのお礼が遅くなりました。遠い佐賀から再開をお祈りしております。(H24年4月6日 佐賀県 女性)
    ※ご寄付のお礼としてお送りした「七幅絵はがき」のお礼状を頂きました。
  • 大学時代お世話になった仙台にある美術館。神奈川県でも呼びかけて応援します。(H24年3月26日 横浜市 学芸員)
    ※三渓園(横浜市)、神奈川県立歴史博物館、神奈川県立金沢文庫、日本女子大学の関係者の皆さんの応援を頂いて「七福絵はがき募金」への支援のお願いをしています。
  • 再開を楽しみにしております。(H24年3月23日 仙台市 女性))
  • 宮城学院女子大学でも、ポスターを作って学内に掲示して呼びかけます。(H24年3月22日 仙台市 男性))
  • 仙台の友人からそちらの様子を聞き、美術館通信も拝読しました。ほんの少しでもお役に立てればと思います。そしてなるべく早く修繕・再開を心から願う次第です。大変でしょうが、御体にはお気をつけてください。(H24年3月21日 群馬県 女性、3/16来館女性のご友人))
  • 震災よりはや1年となり、あの時の恐ろしさを思い出しております。先日、河北新報に「福島美術館」のことを知りビックリ致しました。○○さんのお宅だったことを思いだされました。私は宮城学院で同じクラスでした。私は美術館巡りが大好きで若い頃は随分歩きました。ほんの少しですが、同封いたします。復興をお祈りいたします。(H24年3月17日 仙台市 80歳代女性、現金書留にて))
  • 遅くなってごめんなさい。知人へも呼びかけますね。(H24年3月16日 仙台市 女性、美術館窓口にて))
  • 新聞を見て、遅くなって申し訳なかった〜。(H24年3月16日 仙台市 80歳代男性、美術館窓口にて)
    ※ 3月6日の河北新報夕刊<河北抄>に支援のお願いが再度掲載され、電話での問い合わせが多くなりました。また、気になっていた方がご支援くださいました。
  • 河北ネット配信ニュースを見て知りました。大学時代に伊達家を研究テーマにしました。遠く関西から応援しています。いつか展示に行けることを楽しみにしています。(H24年3月16日 堺市 女性、HPから問い合わせ)
    ※福島美術館ホームページからお問い合わせを受けることもあります。
  • この度の東日本大震災で被災された皆さまには、衷心よりお見舞い申し上げます。今年度、角館町平福記念美術館で開催した展覧会などでは、(一部省略)被災地の一日も早い復興を願い、6月6日から3月11日まで美術館に義捐金箱を置き、来館された皆さまから義捐金のご協力を頂きました。皆さまからの善意を、貴館の再開に向けてお役立ていただきたく、支援金として寄付を申し出いたします。
    (H24年3月15日 秋田県仙北市立角館町平福記念美術館、日本画家・細川良治様、0toを楽しむ会代表・安藤満里様、造型作家・花田恵様、抽象画家・小川恒雄様、来館された皆さま))
  • 美術館の一日も早い再開をお祈りします。(H24年3月6日 佐賀市民劇場)
    ※この他にも、佐賀県の皆さまには、草の根支援を頂いております。遠い所からのご支援ありがとうございます。
  • 小額ですが、何かのお役にたてば幸いです。(H24年3月2日 盛岡市 ご夫婦で))
  • 遅くなりました。早期の再開をお祈りいたします。(H24年3月1日 仙台市 マスコミ関係者))
  • 父が石屋でしたので福島さんの石蔵を建てた時に働いたと聞いています。私も近所ですので、たまに美術館にお邪魔しています。一日も早く開館できますよう心待ちにしてます。(H24年2月28日 仙台市 女性))
  • 気持ちばかりですが応援の印です。(H24年2月21日 仙台市 片平たてもの応援団))
  • 修復成った美術館で鑑賞させていただくのを楽しみにしております。(H24年2月7日 仙台市 女性))
  • 貧者の一灯です。○○さんの賀状からは現場にある方の切実な思いが伝わってまいりました。(H24年2月7日 札幌市 女性))
  • 梁川も復興に努力中。わずかですみません。(H24年1月31日 福島県伊達市 梁川郷土史研究会会員 )
    ※ 原発事故でご苦労されている福島県の方々からのご支援は重いです。早く宮城・岩手がゲンキになって、福島を応援したいです。
  • 伝え聞くところによりますと・・・。その復旧のために皆さま日々大変な御努力をなされておられると拝察いたします。私も復旧を願う気持ちを表したく・・。一日も早く元に戻ることをお祈りしております。(H24年1月26日 仙台市 男性))
  • 美術館の再開を楽しみにしております。私共も家の修理がまだ出来ておりません。いくらかかるかわかりません。小額ですが、よろしくお願いいたします。(H24年1月17日 宮城県岩沼市 女性 リピーター)
    ※感謝と申し訳ない気持ちと、責任でいっぱいです。こんなちっぽけな美術館を大切に大事に思って、再開を祈って下さる方がおられる、がんばります。
  • 仙台の○○さんの呼びかけで、これから佐賀の知り合いにも支援をお願いしていくつもりです。まずは身内の3名で。どのくらい力になれるかわかりませんが、応援していきます。(H24年1月16日 佐賀市 女性 )
    ※他にも、東京、名古屋、京都で支援の輪を広げて下っておられる方々もいらっしゃいます。
  • 民間の小さな美術館に共感しております。大震災という災難の中、貴館の活動に敬服いたします。志の灯をどうぞお守りください。少額ですがお届けします。(H24年1月13日 京都のある私立美術館 女性学芸員 )
    ※他にも、美術館や博物館の職員の方がプライベートとして応援くださっています。
  • ○○氏の賀状で知りました。ささやかですが、表記お受け取り下さい。復興の早からん事を祈念します。(H24年1月11日 札幌市 古書店)
    ※○○氏が年賀状を通して支援を呼びかけてくださり、全国に広がっていきました。
  • 知人からこの絵はがきを頂いて、使って手元になくなった。是非手元におきたい。私たち福島の人の願いが全部込められている絵はがきでとてもうれしい。(H24年1月7日 仙台市・福島県から避難 女性 窓口で)
    ※前日、「絵はがきが欲しい」という問い合わせがあり、翌日、直接美術館に来られました。話を伺うと、原発事故で福島県から仙台市に避難されておられる方でした。避難されている方から、支援いただく事へためらいがありました。でも、その方は「みんながゲンキになるから、この絵はがきを出したいんです」とおっしゃって寄付してくださいました。
  • 一度行って見たかったので、是非復興を願います。紋のきり絵教えていただきたいと思っています。(H24年1月6日 仙台市 女性))
  • 河北新報新聞を見ました。どうか一日も早い再開を心から祈っております。「七福絵はがき」もお手間かけますので、結構です。(H24年1月4日 仙台市 女性 手紙が添えられて)
    ※「七福絵はがき」の発送は不要です、という言葉が添えられていることがありますが、お送りさせていただいております。不用であれば、どなたかに差し上げてください。「七福」の祈り願いが詰まっています。
  • 学芸員日記を読んでいます。○○さんから聞き、無事の開館を応援したいと思っています。(H23年12月31日 さいたま市 女性 ))
  • 河北新報記事を読み、御ウェブを拝見し、一口御社振込み口座に送金しました。僅かですが、お役立てください。(H23年12月22日 宮城県栗原市 男性 ホームページへ)
    ※12月27日の河北新報新聞の夕刊に掲載されました。その後、「新聞を読んで」という方々より、ご寄付頂いております。
  • 大変ですが、くじけないでください。(H23年12月26日 新潟県のある文化施設より))
  • 応援しております。お身体に気をつけられ頑張ってください。パンフは仲間に配布します。(H23年12月22日 煎茶道三彩流 仙台市 女性)
    ※その後も、お仲間の方々へ支援の輪を広げていただきました。
  • 支援の輪を広げましょう。お手伝いさせていただきます。小口で申し訳ございません。(H23年12月22日 リピーター 仙台市 男性))
  • 2012年が福島美術館にとって良き年となりますように。(H23年12月21日 会館利用者 仙台市 女性))
  • 私は88歳の米寿になりますが、生涯絵画が好きな私にとって、どれほど「美」の喜びを感じさせられたかわかりません。ただ感謝の一言です。一日も早い復旧を願うばかりです。(H23年12月21日 リピーター 仙台市 男性))
  • お手紙を頂いて、状況を知りました。知らなくて本当に申し訳なかったです。(H23年12月21日 リピーター 仙台市 男性 窓口)
    ※支援のお願いは12月15日から発送いたしました。この方からは、震災以降2度ほど、心配のお電話をいただいておりました。
  • みんなで前に進みましょう。(H23年12月13日 花巻市 陸前高田支援の女性より)
    ※実は6月より、学芸員mはサポーターさん繋がりで、陸前高田市の支援のお手伝いをしていました。この日、支援物資を受け取りに来られた方にご寄付頂きました。

アンケートや「つぶやきノート」に寄せられた感想をご紹介しています。(2008.9〜2011.1)
展示室においてある「つぶやきノート」には、学芸員mが返事も書いています。

「めでた掛け〜招福眼力<フクマネク メヂカラ>」(2011.1/5〜3/3)に寄せて

  • 新年あけましておめでとうございます。今年もすばらしい展示品を拝見いたしました。卯年生まれの私はすばらしいスタートができました。 幸福いっぱいです。84歳(平成23年1月5日 男性)
  • 今年もせっせと通い、メヂカラと幸せを頂きたいと思います。ありがとうございました。(平成23年1月22日 男性)
  • 「達磨絵の 眼力(メヂカラ)も善し めでた掛け」(平成23年1月23日 ご夫婦)

「知っておきたい郷土の作家〜得楼・速雄・耕年・天華」(2010.4/2〜5/30)に寄せて

  • はじめてきました。大学生です。
    政宗の手紙が見られてよかったです。政宗好きだ〜。(2010.4.21)
  • 佐久間兄弟の感じはかなりクラシックで、熊耳耕年、菊田伊洲、遠藤速雄の方が面白く、明治晩年、大正時代の印象が強いです。このような絵をもっとみたいですね。(2010.4.22 山形在住の外国人の方)
  • 仙台の美術のレベルの高さに感動しました。(2010.4.29)
  • 絵ハガキが2種類増えうれしく思いました。又、高橋天華の作品に感動しました。特に石門頌はいい。(2010.5.7 男性)
  • 非常に落ち着いた美術館です。「昭和初期の作家」心に響く作品でした。大変よかったです。(2010.5.15)
  • 落ち着いた心境で収蔵品を拝観したのは何十年ぶりか。また、展示室の香りがなんとはなしに心をなごませました。(2010.5.20 男性)
    心地のよい時間を過ごされたことうれしく思います。ありがとうございました。(学芸員m)
  • 十数年前に土樋に住んでいて、その時に一度来たことがあります。懐かしくて久々に来てみました。
    近代の仙台の芸術等を知るうえで貴重な資料ばかりですね。書も画も母が生きていたら喜びそうなものばかり・・・。
    昔は母と訪れたのですが、今日も、きっと母も私といっしょ・・・かな。
    都会にいて、こんな閑静な空間に収まっている書画たち。現代の私たちに何を語りかけているのかな、と思いました。
    ありがとうございました。(2010.6.3 女性)
    あったかくなる‘つぶやき’ありがとうございます。(学芸員m)
  • 3才の息子と一緒に拝見させていただきました。ゆっくりと時間をすごせました。
    素敵な作品が多く、子供も動物や鳥や魚などをみて楽しむことができて、喜んでいました。
    品のよい空間で、お香のかおりも感動しました。大きな美術館では、このような、きめ細やかな配慮もなかなか難しいと思うので、書・画・器にお香が一体となった日本の美意識を味わうことができて、静かで深い気持ちになることができました。
    折々の季節にまた来てみたいと思いました。ありがとうございます。(2010.6.4 女性)
    また、どうぞお越しください。もちろん息子さまとご一緒に。ありがとうございました。(学芸員m)

    こんな素敵な感想を頂けるような美術館ではないんですよ。ご来館の際は期待せずに気軽にお越しください。(学芸員m)

「めでた掛け〜福笑い」(2010.1/6〜3/3)に寄せて

  • めでたい気分です。おもしろいものが見られてうれしい。(2010.1.6 女性)
  • 虎の絵がそれぞれ表情豊かでおもしろかった。来てよかった。また、そのうち来たい。アリガトウゴザイマシタ。(2010.1.11)
  • 東東洋の「虎図」がよかったです。(2010.1.31 女性)
  • 来館者さんが他にもいるのに、クスクス笑ってしまう、そんな「めでた掛け〜福笑い」の展示。ポストカードで毎日愛でているダルマさんとも久々の再会で、なんだかにやにや笑っているようにも見えてしまいました。アハ
    今年はトラ年、ということで、トラの絵も何枚かありましたが、なんというか、派によって違いすぎ!と思ったり。怖い怖いトラさんもにんまりしてくれる。・・・えっと、秋田出身の画家さんの作品も好きです。(2010.2.16 喜多子ラブな人)
  • 「楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ。」アメリカの哲学者のことば。
    (めでた掛け展チラシより)泣いても一生、笑っても一生、なら私も笑って過ごしたいと思います。(2010.2.28 70歳女性)
  • 「笑」という文字、あらためて感じ入りました。文字とはおもしろいものです。
    今日はしばし、心のリラックス。(2010.2.28  M,A)

常設展示「福島家の玉手箱」をご覧になって

  • 昭和初期生まれの私にとって、大きい歴史を感じながら古き品を見せていただき心からお礼申し上げます。

「みて!みて!わたしの雛祭り」(2月14日〜3月3日、情報コーナー、無料)の感想ノートよりご紹介

  • ほっこりした気分になりました。(2010.2.16 喜多子ラブな人)
  • 手作り大好きな私が一作一品に大満足で、春の陽ざしを感じるお部屋で今倖せいっぱいの気持ちに感動いたします。(2010.2.25)
  • 手作り感たっぷりの展示であたたかい時間を過ごさせていただきました。
    遊びにいらっしゃった方が「私もつくってみたい!」と思って、どんどん作品が増えていく展示だったら、もっと素敵だなと思いました。(2010.2.27)
    ・・・実はそうなんです。作品ふえています(笑)。学芸員m
  • ホッと一息です。私も作ってみようかな。(2020.2.28)
  • 仕事関係の男性は「見せてもらって、ほっとしました。最近イライラしていたことに気づきました。やさしくならないといけませんね。」とおっしゃって帰られました。

「獣・虫・禽課〜動物百景」(2009.4/2〜5/31)に寄せて

  • 久ぶりの美術館賞、動物を取り込んだ楽しく、また興味深い作品に心が和みました。(2009.5.23/岩沼市の百足様より)
    ・・・お久しぶりでございます。また、どうぞお出かけ下さい。学芸員m
  • 初めてきました。思わずクスッと笑ってしまうようなかわいらしい生き物たちにたくさん会えました。とても、落ち着いた空気の中で、じっくり拝見できました。解説文に「ふりがな」がふってあるのがよかったです。
    ところどころに散らばっている色とりどりの「切り絵」がどことなくユーモラス。でもとても細かく見事で、よかったです。どなたかの作品なのでしょうか。(2009.5.27/女性)
    ・・・ありがとうございます。「切り絵」は「紋きり遊び」です。サポーターさんのご協力です。来年2月に「紋きり遊び」のワークショップを予定しています。学芸員m
  • 素晴らしい!!
    動物の表情が生き生きとしており、日本の江戸時代からの写実の豊かさを見た様で良かったです。(2009.5.2/福島県の男性)
  • とても見ごたえがありました。
    この美術館は仙台のよき宝物だと思います。(2009.4.29/女性)

「めでた掛け〜愛(め)でたきもの〜」(2009.1/7〜3/3)に寄せて

  • 「寿老自画賛」をみて・・・<我は天年>まさに我、祖父の言葉でした。
    闘病10年の老人の笑顔はまさに<寿老人>として浮かびます。
    とても、温かい展覧会ですね。(2009.2.10)
  • またまたお邪魔しにきましたー。
    うん、テスト疲れの私の癒しですわ。福島MUSEUM。大好き。
    虫の大名行列の風刺ッぷりに思わずニヤニヤしてしまいました。やっぱし、これくらいのユーモアがないとネ!
    次は4月ですか・・・・。絶対来ます。。(2009.1.31/喜多子ラブな人)
  • 何年も前から来たいと思っていたのが、今日実現しました。
    物を作ったり、書いたりすることは、誰でも気持ちを込めるものですが、展示されている一つひとつに作者の強い思いがあるのを感じられました。何十年、何百年経とうとも、人の持つ思い、感情、そうしたものは変わらないんですね。
    こうした所に来られて少しは心の糧になりました。ありがとうございました。
    ここには、、主人のリハビリを兼ねて歩いてきました。 (2009.1.8.女性)

※一部、割愛させていただいております。

「伊達(だて)な宝もの/伊達の殿さまの書と絵画」(2008.9/4〜10/4)に寄せて

  • 普通の美術館・博物館とは違い、とっても落ち着くし、癒される福島美術館。歴代の伊達さま方も、居心地よいところに作品を展示してもらえて、ご満悦なのではないでしょうか。今度の展示もまた来ます!仙台の癒しのスポットとして!(2008.10/女性)
  • 第二部も見にきました。今回もとても楽しい展示でした。綱村から孫・村匡(ムラマサ)に充てた手紙が特に☆☆。こちらの美術館と第一部の展示をブログで紹介したところ、興味をもって来館した方がいました。うれしいことです。今回の第二部の感想もブログにupしたいと思います。今後も楽しみにしています。(2008.10/女性)
  • 伊達の教養の深さに感銘をうけました。第2部も楽しみにしております。(2008.9/男性)
  • 光宗と聞いてやって来ました。 光宗の和歌や綱宗の絵が見れてうれしかったです。政宗のかげに隠れがちな人たちですが、筆の線に人となりをみることができた気がして穏やかな気持ちになりました。(2008.9/女性)
  • たいへん貴重なものを見せていただきました。また、来たいと思います。(2008.9/女性)
  • [伊達]の名前に過剰反応を起こし(笑)、来館しました。 何よりも輝宗様の手蹟を見れたことに感激です。だって、御方がいなければ片倉さんいないんですもの。そんな呟きを残しつつ、第2部是非来館したいと思います。(2008.9/女性)

皆さまからいただいた<つぶやき>は、福島美術館の【たからもの】です。
ありがとうございます。

このページの初めに戻る

工芸品 近世の作家 近世江戸・京阪の作者たち 近世郷土の作者たち 伊達家関連資料 主な収蔵品