福島美術館 仙台

伊達家及び仙台藩関係の書画・掛幅類(かけふくるい)・郷土の画家・書家の作品・工芸品など約3000点を収蔵。春・秋・正月の年3回の企画展を開催。

What's New

仙台 街のちいさな美術館 福島美術館 38年間ありがとうございました。

福島美術館は、平成12月22日(土)をもちまして、展覧会活動を終了いたしました。
平成30年度 第1期から第8期の展覧会にご来館されたたくさんの方々、関係機関の皆さま、応援してくださいました方々、スタッフ、福島美術館サポーターの皆さま、心から深く感謝申し上げます。

収蔵資料は書画掛け軸・湿度管理が必要な一部工芸品は宮城県内の公立施設へ寄託を予定しております。
その他の工芸品、及び図書については、法人施設内の空き室に保管されます。
福島美術館の建物は来年度中に取り壊しされることになっています。

12月22日は冬至、再生の日です。
38年間の感謝と再生への祈りを込めて 学芸員 尾暮まゆみ九拝

fukushima-museum

Read more

福島美術館について

安倍貞任・宗任図

本図はそれにまつわる貞任・宗任兄弟の逸話を、右幅・左福にそれぞれ描き、賛が付されています。

子(ね)の日(ひ)遊び

「子の日遊び」は正月の初子(ハツネ)の日に催された遊宴行事で「小松引き」「子忌(ネイミ)」ともいいます。